【台湾】迪化街

迪化街とは?

19世紀の中頃に貿易や船荷を扱う商店が街を作り出したことで迪化街が誕生しました。

 

もともとの名前が大稻埕といい、この土地を開拓し始めた住民によって水田に空き地を作って刈り上げた稲穂を干した空き地の名前から来ているそうです。

 

迪化街の名前になったのは戦後になり多くの商人がこの場所に集まるようになってからだと言われています。

 

今では台湾を代表する乾物街としても知られており、漢方や布問屋などのお店が軒を連ねています。

 

ここに来れば何でもお手軽価格で揃うとも言われており、お祝いごとに使うような高級食材なども豊富に取り揃えています。

 

フカヒレやアワビ・ツバメの巣なども販売され調理方法なども教えてくれます。

 

台湾茶などの専門店もあり、台湾を存分に体感できる場所です。

 

また迪化街は布、生地の町としても有名で多くの裁縫好きの方々がここを訪れます。

レトロな雰囲気を楽しみながらお土産を探したり、おしゃれなカフェで一休みもできます。

 

旧正月になると歩く場所がないほど混雑します。

 

中秋節などの時期によってお店が閉じてしまっている時もありますので、事前に確認しておくのをおすすめします。

 

迪化街の見どころは?

漢方やドライフルーツの種類が盛りだくさんで、軒先を通るとあちこちで薬膳のいい香りが漂います。

 

また他の場所ではなかなか買うことのできないからすみの乾物なども購入できるのでお得に手に入れてくださいね。

 

100年以上続く老舗として有名な「永久號」が特に有名です。

 

また台湾で1番の縁結びスポットとして人気の霞海城隍廟もありますので、忘れずにお参りするようにしてくださいね。

 

因みに廟とは神や偉人を祀る場所を指し、月下老人が祀られている場所になります。

 

中国の物語に出てくる婚姻を司る神様で、赤い糸・婚姻簿を持っている珍しい神様でその婚姻簿には誰と結婚するのかを記してあるのだとか。

 

日本語が話せるスタッフがいますので、お参りの方法などを確認してみてくださいね。

 

また近ごろは迪化街の中にも若者向けのお店が増えてきておりマスキングテープや古布・クラフト専門店など手作りならではの温かみを感じる雑貨がお手頃価格で手に入ります。

おしゃれなお店も増え目的がなくても散策するだけでも楽しい場所ですよ。

あとがき

迪化街は昔ながらの台湾の雰囲気を残しつつ、老舗を中心に個人店が軒を連ねる人気スポットです。

 

観光地として整備されている場所もありますが、ローカルなレトロ感溢れる風景を今も感じられます。

 

お土産の種類も多く、何を買おうか迷ってしまうこと間違なしです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です