【理想の老後】趣味のオススメの娯楽10選

老後の趣味

仕事も定年を迎え、子供たちも大きくなって自立するようになり、自由な時間も増える。

 

これまでの仕事や子育てで忙しかった生活から大きく変化する老後は、第二の人生の始まりとも言われていますよね。

 

しかし、そんな老後の生活が始まってまず行き当たる問題の一つに「時間があり過ぎて何をして過ごせば良いのか分からない…」というものがあります。

 

仕事などで忙しかった昔からすれば何とも贅沢な悩みではありますが、充実した老後を過ごすためには「何をすればいいんだろう…」と思い悩んで、無為に時間を過ごしてしまうのは避けたいですよね。

そこで、今回は老後の趣味としてオススメの娯楽を10種類ご紹介していきたいと思います。

ぜひあなたの豊かな老後を過ごすために役立ててください!

 

旅行

まず一つ目のオススメ趣味は旅行です。

 

旅行というのは基本的に時間がある時しか行くことが出来ないものですよね。

 

そのため、若い頃は仕事で忙しく、中々ゆっくり旅行に行く時間も無かった…という方も少なくないのではないかと思います。

 

しかし、仕事を定年退職した老後は時間もたっぷりあるので、まさに旅行に行くのに打って付けの時期と言えます。

 

ただし、旅行はやはり相応の費用がかかるので、頻繁に行くのは難しいというのもあります。たまの趣味として捉えておくといいかもしれませんね。

 

 

映画鑑賞

映画鑑賞も旅行ほどではありませんが、時間がある時に行える趣味と言えると思います。

 

老後のたっぷりとある時間を活かして、様々な映画の世界に触れてみるというのも趣味としていいかもしれません。

 

最近ではレンタルショップで格安で映画を借りる事も出来ますし、映画館での視聴も大抵はシニア割が存在するのでお得に利用することが出来ます。

 

また、ネットの動画サービスでは月額1000~2000円ほどで好きな映画を見放題になるというものありますので、リーズナブルに楽しむことが出来る趣味でもあります。

 

 

将棋や囲碁など

老後の趣味について考えた時、「やっぱり人と関わるような趣味じゃないとちょっと寂しいな…」と感じる方も多いのではないでしょうか?

 

そんな方にオススメなのが将棋や囲碁などの対戦が出来る趣味です。

 

基本的に一人ではなく二人で行うものなので、人との関わりが不可欠になってきますし、競技人口も多いため少し探せば対戦相手にも事欠かないでしょう。

 

その過程で新しい友人が出来るかもしれませんし、脳トレにもなるので一石二鳥です。

 

また、碁盤や将棋盤も今は格安で購入することが出来るので、始める際の投資も安く済むというのが嬉しいポイントです。

 

老後の趣味の定番の一つとも言える将棋や囲碁。あなたもぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

水泳

老後に心配なことの一つと言えば、やはり身体能力の低下ですよね。

 

健康で幸せな老後を過ごすためには、体をしっかりと鍛えて筋力を保っていくのも重要なことです。

 

そこでオススメしたい趣味が水泳です。

 

水泳は全身を使う運動と言われており、全身の筋肉を満遍なく鍛えることが出来ますので老後の趣味として非常にオススメです。

 

また、水泳は他の運動に比べて衝撃などを受けることも少ないので、ケガの少ないスポーツというのも老後の趣味としてピッタリなポイントです。

ぜひお試しください。

 

 

手芸

女性の老後の趣味としては、手芸なども候補に上がるのではないでしょうか?

 

編み物やアクセサリーなどを自分の手で作り出すことは、手先の器用さを維持することにもつながりますし、脳の活性化にも役立ちます。

 

さらに、手製の編み物などは他の人へのプレゼントにもなりますので、コミュニケーションツールにもなります。お孫さんなどにプレゼントするのもいいかもしれませんね。

 

また、最近ではネットでハンドメイドのアクセサリーなどを販売することも出来ますので、趣味と実益を兼ねることも出来るかもしれませんね。

 

 

日曜大工・DIY

次は日曜大工についてご紹介します。

 

こちらは男性に向いている老後の趣味と言えるでしょう。

 

自分で家具や雑貨を作成する日曜大工は、手先はもちろん体も使うので、体の衰えが気になるという方にとっては良い運動にもなると思います。

 

また、自分で作った理想の家具で、より快適な生活空間を作り上げるというのは何とも言えない達成感を感じることが出来ることでしょう。

 

元々工事関係や大工仕事などのお仕事をしていたという方の場合は、今まで培ってきたスキルを十二分に発揮することが出来るので、特に打って付けの趣味と言えますね。

 

あなたも日曜大工で理想の家具を作ってみてはいかがでしょうか?

 

 

読書

読書も老後の趣味として人気が高い娯楽の一つです。

 

どんな本を読むのかというのは本人の自由で、小説などで豊かな世界観に触れるのもいいですし、自分の知らないジャンルの専門書などを読んで新しい知識を吸収するというのもいいでしょう。

 

どんな内容の本であれ、本を読むことは脳のトレーニングにもなりますので、認知症などの防止にも役立ちます。

 

新しい世界や新しい知識に触れることで、老後の人生の生き方に新しい指針が生まれるかもしれません。「本は人生を豊かにする」とも言われていますので、ぜひ老後の趣味に読書を選んでみてはいかがでしょうか?

 

 

ウォーキング

誰でも簡単に始めることが出来て、さらに体を鍛えることも出来る趣味がウォーキングです。

 

ウォーキングは激しい運動というわけではないので、ケガをしてしまうリスクも少ないというのもポイント。

 

また、ウォーキングをしながら行き会う人に軽く挨拶していくことによって、地域の方々と交流を深める事も出来ますし、顔を覚えてもらうことで自分に何かあった時も気にかけて助けてくれる方も増えます。

 

体を鍛えることと、地域の皆さんとの交流を深めること。二つの意味で将来に対するリスクヘッジになりますので、ウォーキングも老後の趣味としてオススメです。

 

 

クロスワードパズル

続いてご紹介する趣味はクロスワードパズルです。

 

クロスワードパズルというのは、交差したマス目の空欄に言葉を入れて問題を解いていく「言葉のパズル」といった遊びです。

 

クロスワードパズルはネット上などで無料で遊べるものもありますし、問題集なども本屋さんでよく販売されていますので、簡単に始めることが出来る趣味の一つです。

 

また、問題を解いていくにあたって、必然的に様々な言葉を覚える必要がありますので脳のトレーニングにもなりますし、ボキャブラリーも増えます。

 

ボキャブラリーが増えると日常での会話にも厚みが生まれるので、何気ない会話自体がいつもよりも少し楽しくなっていくかもしれません。これもクロスワードパズルのメリットの一つと言えますね。

 

 

家庭菜園

家庭菜園も老後の趣味としてオススメです。

 

ベランダや庭などのスペースを活用して、自分の好きな野菜や花を育てるというのは、少しずつ植物が成長していくことに対する喜びを感じることが出来ます。

 

また、野菜を育てれば収穫して食べることも出来ますので、単純に家計の助けにもなるでしょう。

 

スーパーなどで買ってきた野菜もいいですが、自分が手塩にかけて育ててきた野菜を収穫して食べるというのは、ただ食べる以上の満足感を得ることが出来ます。

 

小さなスペースでも行うことが出来るので、手軽に始めることが出来るというのも嬉しいですね。ぜひオススメの趣味です。

 

 

まとめ

 

今回は数ある老後の趣味の中からオススメのものを10種類ご紹介させていただきました。

 

大切な老後の時間を無為に過ごしてしまわないためにも、趣味はしっかりと持っておいた方がいいでしょう。

 

ただ、趣味というのは実際にやってみないと自分に合っているかどうか分からない場合もよくあります。そのため、まずは軽くでもいいので触れてみるのがいいと思います。

 

あなたも自分に合った老後の趣味を見つけ、充実した人生を送りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です