台北の病院

台北には大きな病院がいくつかありますが その中でも馬偕記念病院、榮民總醫院、台湾大学病院などが有名です。

先月の会社の健康診断で腎臓の結石が見つかった私は 慌てて馬偕病院を予約。泌尿科の診療を受けることにしました。

 

実はこの結石 数年前からあったのですが 年々成長を続け 今年 とうとう3mmを超えてきました 数年前にもこの結石の件で馬偕病院へ行ったことがあるのですが その時は 大きさもさほどではなかったので 経過観察との診断でした。

泌尿科は3階とのことなので エスカレーターで3階へ

着いたぞ~

まずは保険証をこの機械の下部に差し込みます

ここにこの保険証を差し込むと「着きましたよ~」の合図になります。

私の番号は19番 もう既に飛ばされてました~~~(泣)

でも大丈夫!ここに差し込めば自動的に 間に入れていかれます

果たして 今回の診察ではどのような診断が下されるのか?期待と不安でいっぱいです。

期待?ってなにへの期待なんだろう?

まあ 細かいことは置いといて とりあえず診察室へ。

今年と去年の健康診断の結果を持参し 先生に見せてみます

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

終わったぞ~

総括するとそんなに心配することはないそうだが 念のためレントゲンと尿検査 超音波検査をすることになった。

まずはこの後費用を先に支払って その後レントゲン、尿検査の順だ

そして土曜日に超音波検査をやって 当日にすべての検査結果を報告してくれるとのこと

ということで まずは支払いだ

看護婦さんがくれるこの紙を持って一階のカウンターへ

この機械で番号を発行してもらい 支払いへ。。。今回は570元でした

支払いが終わったら4階のレントゲン室へ

4階に上がるとまずはこの機会にバーコードを読み取らせて番号を受け取ります

番号が呼ばれていざ レントゲン室へ

レントゲンも無事終了 また一階へ。今度は尿検査だ

ここでも同様にこの機会にバーコードを読み取らせる

番号が呼ばれたら ここでキットを受け取り 横にあるトイレへ。

取った尿はトイレ内のトレイに置いて 今日はここまで

次は土曜日だ!

では!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です