夏の終わりをさみしく感じるのはなぜ?解消法って?

夏の終わりをさみしく感じるのはなぜ?

夏の終わりが近づいてくると、夏の始まりのワクワクしていた気持ちとは違いなんだかさみしい気持ちになることはありませんか。

なんでもない夜空を眺めて干渉にふけってみたり、ぼーっと考え事をしてしまうなんて経験は誰にでもあるのではないでしょうか。

どうして夏の終わりはさみしく感じるのでしょうか。

 

 

夏の終わりをさみしく感じる理由

夏は何かとイベントの多い季節ですよね。

祭りや花火大会・海やプールなど友達や恋人・家族と一緒に行ってはしゃいだ思い出がある人もいるのではないでしょうか。

夏は他の時期に比べてイベントも多い季節になりますので、計画したり実際に行くのもワクワクした思い出があります。

徐々に照り付ける太陽に夏の訪れを感じた記憶も懐かしいのではないでしょうか。

 

特に子供のころは学校も休みで何かと遊びに連れて行ってもらった記憶があるはずです。

海やプールは毎年行っていたなんて人もいるでしょう。

そんな楽しい思い出がたくさんある夏だからこそ、終わりの時期が近づいてくるとなんだかさみしく干渉にふけってしまうことがあるのです。

 

楽しい夏休みがもっと長かったらいいのに…なんて大人でも思ってしまいますよね。

夏の夜ってなんだかときめくこともありそうでワクワクしてしまいます。

 

これからやってくる秋や冬にかけて、徐々に暑さが和らいでくるのもその理由かもしれません。

真夏の時期は外に出るだけでも汗が噴き出すぐらい暑かったはずなのに、あっという間に時期が変わりいつの間にか夕方には涼しい風が吹くようになります。

 

肌で感じる体感温度の違いも夏の終わりを教えてくれますね。

ちょうど台風の時期でもあるので、台風が来るたびに気温の差を感じるはずです。

 

 

夏の終わりをさみしく感じたときは?

さみしくかんじて元気がでないときは、昔の楽しかった思い出を思い出してみましょう。

楽しいことをたくさん考えることによって、そんな気持ちは吹き飛んでしまいます。

秋になったら何をしようかな?

読書や美味しいものもたくさん出てくる季節です。

 

冬になればクリスマスもあってイルミネーションなど、またイベントの多い季節がやってきます。

季節によってさまざまな楽しみ方があるからこそ、そういった思い出を大切にしましょう。

最後に

夏の終わりがだんだんと近づいてきたこの季節ならではの過ごしやすさ、快適性などもありますよね。

夏が終わる前にやり残したことがあれば夏の思い出を作って楽しんでみませんか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です