どうして妊娠中は気持ちが不安定になるの?

どうして妊娠中は気持ちが不安定に?

妊娠中はTVドラマの世界だとキラキラ輝いていて、とても幸せな時間だと思っていたのに、実際に妊娠してみると何かと不安定になりイライラして旦那さんに八つ当たりなんて人も珍しくありません。

せっかく待望の赤ちゃんを授かったのにどうしてこんなに気持ちが不安定になるのか、そんな疑問を抱えている人は必見です。

 

妊娠中に気持ちが不安定になる理由

妊娠すると何かと気持ちが不安定になり、ちょっとしたことで泣き出してしまったり、気持ちが落ち込んでうつうつとした気持ちになってしまうことがあります。

なかには旦那さんと喧嘩をしたことがなかったはずなのに、妊娠中になって頻繁に喧嘩をしてしまうようになったなんて声もあります。

でも安心してください。実は妊娠中に気持ちが不安定になるのはあなただけではありません。

妊娠中に気持ちが不安定になる理由の一つが「ホルモンバランス」です。

妊娠した女性の体は、お腹の中の赤ちゃんを育てるために急激にホルモンを分泌させます。

このホルモンの作用でちょっとしたことで気持ちが滅入ってしまったり、落ち込んでしまうことがあるのです。

また妊娠中に自分では調整できない体調不良や、今後の生活を考えたときの不安など、妊娠中だからこそこれから先のことを考えて不安になってしまうことがあります。

 

こういった気持ちのときに自分を責めてしまわないようにしましょう。お母さんが感じているストレスは、赤ちゃんにも影響します。

 

 

妊娠中の気持ちの落ち込み解消法

妊娠中はとにかく不安なことがあれば旦那さんに相談して話を聞いてもらうことが大切です。

そのうえで、自分の好きなことをする時間を作ったり、外を散歩して気持ちを紛らわすなど上手に自分の感情と向き合っていけるようにしましょう。

誰だって気持ちの乱れは起きますのでそれを認めてあげることが大切です。

一人で抱えこめばストレスにかりますので、抱え込みすぎず解消法を見つけるようにしてくださいね。

 

まとめ

妊娠中に何かと気持ちが落ち込んでしまうことは珍しいことではありません。

誰だって起きることだからこそ、上手に付き合いつつ貴重な妊娠期間中を楽しめるようにしましょう。

出産してしまったあとはあの時間がいかに貴重なものだったのかを実感するはずです。

そのときになってもっとこうしておけば…なんて後悔しても遅いのです。

妊娠中の気持ちの不安定は自分を責めないこと、明るい気持ちで向き合ってあげてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です