犬友同士でありがちなトラブル5選

遊びに行って他の犬とトラブル! 気をつけるべきことは?

犬にとって散歩は欠かせない運動ですが、外出すると困った問題も発生しがちです。

今回は、外出中のトラブルのよくあるパターンをご紹介します。

散歩中、すれ違った犬が飛びかかってきた

同じ犬に出会うと喜んでじゃれつき始めるタイプの犬がいますが、それぞれの体格に差があると、思わぬケガにつながります。

小型犬を飼っている方は、大型犬とすれ違うときには注意を払ってあげてください。

逆に大型犬を飼っている方は、相手にケガをさせてしまわないように、愛犬の様子に注目しておくことが大切です。

公園で犬のリードを外す

最近は少なくなっていますが、公園でノーリードで犬を走らせる人がいます。

子ども達も多い公園。

ここで放し飼いにされた犬が、人間や他の犬に飛びついたりしたら、とても危険です。

散歩中はリードをしっかり持って、飼い主として愛犬をきちんと管理するのが犬への愛情と言えます。

飼い主の許可なしにおやつをあげてトラブルに

散歩中の休憩用など、おやつを持ち歩く飼い主さんは多いです。

けれども、他の犬に勝手におやつをあげるのは良くありません。

食物アレルギーを持っている犬もいますし、ダイエット中ということも。

まずは相手の飼い主さんに確認してから、おやつを分けてあげるようにしましょう。

ドッグランに連れて行ったら喧嘩になってしまった

犬だけで自由に遊べるドッグランは、トラブルが起こりがちです。

他の犬に噛み付いたり、逆に飛びかかられたりと、喧嘩に発展してしまうことも。

まずは、ドッグランに連れて行く前に、愛犬をしっかりしつけておきましょう。

もしものときには止めに入れるように、様子を見守ってあげてくださいね。

排泄物の処理はしっかりと

散歩中や、ドッグラン、犬入店可のお店などで粗相をしてしまった場合は、飼い主が片付けるのが鉄則です。

店員さんがいるからといって放置するのはマナー違反。

お店などでは、マナーベルトを着用する、犬用トイレを使うなど、事前の対策を怠らないようにしてお出かけしましょう。

まとめ

お出かけは、犬も人間もとても楽しいもの。

マナーを守って生活を楽しめば、たくさんの「犬友さん」を作ることができます。

ちょっとした注意や気遣いを忘れずに、愛犬との外出を楽しんでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

2019年現在。台北在住19年のバツ2のサラリーマン 1人息子は昨年無事大学進学 これからは自分の幸せのために時間を費やしたい