動物病院に持っていくと便利なものまとめ!

動物病院に行くときの持ち物はこれがおすすめ

犬を飼い始めたら、動物病院にはとてもお世話になりますよね。

かかりつけのお医者さんを作って、愛犬が健康でいられるように、必要なときには通院することが大切です。

今回は、「動物病院に行くときに持っていくといいもの」をご紹介します。

動物病院へもっていくものリスト

絶対に必要なもの

・診察券

・お金

・キャリーバッグ

・リード、首輪

・ペット保険の保険証

移動中や待合室での事故を防ぐために、キャリーバッグなど、愛犬と人との距離を取るグッズは必ず持ち歩きましょう。

ペット保険に入っている場合は精算不要のこともありますので、窓口で保険証を提示しましょう。

お散歩セット

・水

・おやつ

・保冷剤などの熱中症対策グッズ

・ウンチ袋

・トイレットペーパー

・ペットシーツ

病院でもおしっこやウンチが出てしまうかもしれません。

お散歩グッズはかならず用意しましょう。

おやつは診察を頑張った後のご褒美に。

病院は嫌なことばかりではないと覚えさせてあげたいところです。

病気で診察を受けるときの持ち物

・メモ帳(気になることメモ)

・尿や便など(必要なら)

・病気の症状が分かる動画

・他院にも行っている場合、そちらの診察結果

・いま飲んでいる薬

・予防接種の場合は、いままでの接種記録

入院するときの持ち物

・飼い主や自宅の匂いのついたタオル

・いつも食べているフード

・愛用のオモチャ など

慣れない場所へ行く愛犬の為に、気持ちを落ち着かせるものを選んであげてください。

まとめ

病院へ行くときは、飼い主さんも色々準備が必要で、つい忘れ物をしがちです。

必要なものを忘れないように、普段から「通院セット」を用意しておくと安心です。

病院が好きな犬、というのはあまりいません。

けれども、様々な予防接種などもあり、頻繁に通うことになると思います。

病院を嫌いにならないように、愛犬の気持ちを考えて工夫してあげてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です