犬はにおいから何を察知しているの?

犬は「におい」から情報収集を行っています。

人間の場合は視覚や聴覚をメインに情報収集を行っていますが、

犬は鼻がとても良いので嗅覚を中心にそれを実行しているというわけですね。

犬はにおいから具体的にはなにを感じ取っているの?

〇犬の尿からなにが分かるの?

犬は他の犬のにおいから、以下のような情報を読み取ると言われています。

〇感情
〇健康かどうか
〇年齢
〇性別
〇発情しているかどうか

ドッグランに遊びに出かけても、他の犬のにおいを嗅ぐことに集中してしまう犬もいますが、彼らなりに真剣なのですね。

犬は人の足や手からなにを感じ取るの?

犬に慣れている人であれば、まずは犬に手を差し出してにおいを感じさせようとするかもしれません。

なぜなら、犬は人の手のにおいをヒントに、「この人間が自分と仲良くしようとしているかどうか」を読み取ることができるからです。

そして、手のにおいを嗅いだら、そのまま足のにおいも確認しようとする場合があります。

これによって、今度は「初対面かどうか」をチェックしているのだとか。

要するに手足のにおいから「危険かどうか、信頼できるかどうか」などを調べているということですね。

犬は室内のにおいからなにを感じ取るの?

犬は人間が不在で、別の犬がマーキングした様子もない室内のにおいも嗅ぐものです。

一見何の情報もなさそうですが、犬は出掛けていた家族の衣類のにおいや、

家に浸透した家族でない人間のにおいから、情報を読み取っているようです。

人間の1000~1億倍程度の嗅覚が犬にはあるとされていますから、

本当に些細なにおいから情報を集める事が可能なのです。

一例として、飼い主が出掛けた場所で犬を撫でたとしましょう。

そして、家に帰ってきて、家具などに触れれば、その家具にもにおいが付きます。

犬は、このレベルの微かなにおいからでも、

飼い主が撫でた犬の年齢や性別を察知する事が可能なのだそうです。

においを嗅いでから舐める理由は?

においを嗅いでから舐めることで、

舐めたものが持つフェロモンを読み取ることができるそうです。

「味」うんぬんではないという事ですね。

まとめ

犬の「においを嗅ぐ」という行動には大きな意味があります。

ですから、特に危険性や支障がないのであれば、思う存分嗅がせてあげましょう。

また、特に自分がにおいを嗅がれているのであれば、その犬の信頼を勝ち取るチャンスですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です