今話題の事実婚ってなに?デメリットは?どうして事実婚を選ぶの?

事実婚って?

近頃、通常の結婚ではなく「事実婚」を選ぶ人も増えているそうです。

・結婚の形が多様化しているとは言っても事実婚ってそもそもどんな結婚なのか?

・通常の結婚とは何が違うのか?

など気になる点がたくさんあるのではないでしょうか。

幸せの形は人それぞれですが、事実婚が気になっている人の疑問に答えます。

 

事実婚とは?

日本では事実婚の人が少ないのですが、実は海外では珍しい結婚の形ではなくよくある夫婦の形でもあります。

 

事実婚は法律婚(通常の結婚)とほぼ同じ権利や義務を持ちます。

例えば同居や扶養の義務はもちろん、関係を解消した際の財産分与や慰謝料なども変わりません。

また子供ができた場合の養育費を請求する権利もありますし、婚姻費用を分担するのも同じです。

では事実婚とは何が異なるのでしょうか。

 

まず一つ目に結婚しても氏を変更する必要がありません。

事実婚では夫婦のどちらかの氏に統一する必要がありません。

そのため夫婦別姓のままでいられます。

このため役所や銀行・金融機関などの諸手続きが必要ありません。

 

また姻族関係の義務が発生しないので、法律婚よりも形に縛られない結婚をすることができます。

面倒な親戚付き合いなども必要ないですし、介護の問題に巻き込まれることもありません。

さらにここが最大のメリットで、別れたとしても戸籍に履歴が残らないのです。

 

その分子供が生まれたときの手続きが面倒だったり、税金関係の権利がないこと、事実婚についてまだ日本では認知度が低いので周囲から理解されにくいなどのデメリットもあります。

ですがこれらは事実婚が広まっていけばデメリットではなく、解消されるようになるはずです。

そもそも子供を作る気のない夫婦からすればそこまで大きな問題になりません。

 

 

事実婚はあり?

事実婚といわれるとなんだかあまり正式な婚姻のように感じないかもしれませんが、法律上は立派な夫婦です。

一緒に住み生活を共にするのですから他人ではありませんよね。

それでいてお互いの負担になることなく結婚生活を送れることを考えると、今後事実婚を選ぶ人はどんどん増えていくのではないでしょうか。

事実婚が珍しいからこそ話題になりますが、今後の日本でもそれが選択肢の一つになるかもしれません。

まとめ

事実婚についての疑問について調べてみましたが、今後の結婚の形としては全く問題がありません。

むしろ介護などの問題からも解放されているので、とても理にかなった結婚の方法なのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です