どうして夜中に食べると太るといわれているの?

夜中に食べると太る?

仕事の帰る時間が遅かったり、夜中にふと目が覚めてしまったときにお腹が空いていると寝付けない…なんてこともありますよね。

そんなときに冷蔵庫に入っている甘いお菓子やデザートについつい手が伸びてしまうことも…。

でも体型を気にしている人にとって「夜中に食べると太る」なんて言われるものだからこそ、特に気になってしまいます。

 

夜中に食べると太るといわれる理由は?

よく22時以降の食事は太るといわれています。

でも仕事が遅くまでやっている人やシフト制の人の場合、22時頃に家に帰ってきてご飯を食べることも珍しいことではありません。

ちょっとだけなら…なんて気持ちになりますよね。

夜中に食べると太るといわれているのは、昼間のご飯の時間から空きすぎているので空腹を過度に感じてしまい、ついつい食べ過ぎてしまう危険性があるといわれています。

また時間を空けての食事は吸収率を高めるので脂っぽい食事をしたときなんかは、翌日になっても胃もたれしてしまい、朝でもお腹が空かなくなってしまうこともあります。

 

特に22時以降の食事で炭水化物などのエネルギーのもとになるものを食べると、寝ている間にエネルギーとして消費されなくなってしまうのですべて脂肪になり、体内に蓄積する結果になってしまうのです。

特に22時~翌2時まではお腹が空いていても食べないようにするのをおすすめします。

 

ちょっとの量でも太りやすくなってしまいますので、努力して体重を制限していても台無しになってしまうのです。

また、食事を遅くとると不眠になりやすいこともあり、翌日に疲れが残ってしまいます。

 

 

夜中にどうしてもお腹が空いたときは?

どうしても夜中にお腹が空いて寝られないときは、早めの時間におにぎりなどの軽食を取るようにするか、夜の食事は野菜を中心としたたんぱく質を積極的に食べるようにしましょう。

炭水化物が食べたいときは雑炊やうどんなどにして胃腸に負担をかけないようにしてあげるのがベストです。

夜に食べる場合は、こういった食事の内容などのポイントに注意しないとどんどん太る原因になります。

まとめ

夜中にご飯を食べるのはやっぱり体重が増える原因になります。

朝しっかり食べるようにして夜は少なめにしてあげるだけでも、ダイエットや美容効果もありますし、睡眠の質も上がります。

夜中の食事は太るもとになりますので十分に気を付けるようにしてあげてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です