ケーキ屋さんの残ったケーキってどうしているの?

気になるケーキの売れ残り

誰でも一度は思ったっことがあるかもしれませんが、洋菓子のケーキ屋さんで残ったケーキってどうしているか気になりませんか?

ケーキは当日中が賞味期限になりますし、スーパーなどの総菜コーナーのように、閉店間際になったから割引なんてしているケーキ屋さんも少ない気がします。

お店によっては閉店間際まで大量に残っていることもあります。ケーキ好きとしては気になりますよね。

 

 

売れ残ったケーキはどうしているの?

ケーキ屋さんといっても百貨店に入っているような高級ケーキ屋さんか、町の一角にあるような小さな個人店のケーキ屋さんかによっても異なります。

通常洋菓子業界ででは「廃棄」とはごみとして業者に出すことをいいます。

 

百貨店や都心部のケーキ屋さんなどは、スタッフに無償で配布することもありますし、近隣のショップに安値で買い取ってもらう場合もあります。

基本的には値引き販売が基本となるので、それでも残ってしまったときは廃棄をしています。

 

たくさん売れ残っていても割引をしないのは、商品の価値を保つためでもあり、安易に値引きをしてしまうと値引き後でないと商品を購入してくれなくなってしまいます。

 

ただし安い洋菓子店になると翌日に使いまわしていることもあるそうです。

基本的に製造したものは冷凍しておいて、売るものを順次解凍の流れが行われています。

ケーキ屋によっても在庫の対応がこれだけ異なります。

 

 

ケーキ好きならケーキ屋さんで働こう!

売れ残ったケーキだけにはなってしまいますが、通常よりもケーキが安く買えたりときには無償で食べられることもあるので、ケーキ屋さんで働くのもおすすめです。

ときには新作のケーキをいち早く試食できたり、常に大好きなケーキで囲まれている環境もとても幸せなものですよね。

 

せっかくなら百貨店の中に入っているケーキ屋さんでお得にケーキを食べたいものです。

お店によっては社販として通常よりも安く買える場合もあり、何かとお得です。

最後に

ずっと気になっていたケーキ屋さんの残ったケーキの謎が判明しましたね。

生菓子なので何日も保存しておくのが難しい場合もあり、翌日に在庫を持ち越せないケーキ屋さんも多いはずです。

ケーキを売りにしている以上、悪評などが立ってしまっては経営にもかかわってしまいます。

ケーキを廃棄する場合もあれば、安く購入できることもあるなどケーキ屋さんのバイトは楽しそうですよね。あなたもぜひ挑戦してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です