人間としての価値を高めるなら経験にお金を使う理由

経験にお金を使う理由

お金を使うのであれば物よりも経験に使え!

そんな言葉を聞いて疑問に思ったことはありませんか?

経験することは大切だけど、そのうち忘れてしまうものですし、物のように形に残るものではないからこそ、本当に経験に使って自分の身のためになるのか?

なんて考えてしまいますよね。

経験はあっても物がなくみすぼらしい姿ではどうしようもない気がします。

どうして経験にお金を使うことが大事なのでしょうか。

 

経験にお金を使う意味とは?

経験にお金を使うといわれてどんなイメージがわきますか?

例えば旅行に行ってさまざまなものを観光し楽しむことや、セミナーや社会人交流会などの人脈を作るのもその一つになりますよね。

これらの経験はお金では買えない実はかけがえのないものなのです。

 

旅行先で現地の人と話したり、その地域にしかない美味しいものを食べ、歴史的な建造物を観光したときに言葉にではできない、人間としての成長を感じませんでしたか?

またセミナーで成功している人のノウハウを聞いたり、交流会で自分の業種とは違った会社の人たちと話をすることで今までにはない視野が開けることもあります。

これらは物を買っただけでは得られないもので、実際に自分の足で経験したことだからこそ身に染みて感じることでもあるのです。

物は正直高齢になってからでも好きなだけ買えます。

 

でも経験はその時にしかできない、とても貴重なものです。

経験にお金を使うことをもったいないと思ってしまってはあなたの成長にはつながりません。

形には残らなくても今を生きることで得られるものはたくさんあることを忘れないでくださいね。

 

物にとらわれがちな人はなんでも外見やみためで判断してしまいがちな人です。

それではせっかく自分の視野を広げられそうなのに、そのチャンスを自分で逃していることになるのです。

経験にお金を使うことは最初から高額な使い方をするのではなく、セミナーに行ったり、ちょっとした遠出で温泉に行くのもいいですよね。

形は問わないからこそ、どんな経験でもできるのです。

最後に

人間として成長する、価値を高めるためには、経験することを大切にしましょう。

ブランドの限定物の洋服を着るよりも得られることがたくさんあります。

特にどこでも行ける20代・30代のうちに行動することは、いくらでも無限に可能性を広げることにもつながります。

今の状況から変わりたいと思っている人は、お金の使い方を見直してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です