食べ物の旬ってなに?旬で食べる贅沢とは?

食べ物の旬とは?

日本には四季がありその季節に合わせて「旬」の食材があります。

スーパーに行けば当たり前のように購入できるのであえて考えたことはないかもしれません。

 

そもそも「旬」とはどのようなものをいうのでしょうか。

よく「旬の時期に食べるのが1番」なんて言われますが、本当にそうなのか?

また旬を味わう贅沢とはどのようなものなのか?そんな疑問に迫ってみたいと思います。

旬とは?

旬とはその食材がもっとも美味しく栄養価の高い時期をいいます。

季節ごとに食べごろを迎える食材があり、比較的手ごろな価格帯で購入でき新鮮でおいしい状態です。

栄養価も高いのでその時期に起こりやすい体の不調を防いでくれる働きがあります。

 

近頃はハウス栽培や輸入などもあるので、旬などが関係なくなり通年で回っている食材もあります。

そういった食材を日々の料理の中に取り入れながら、季節の変化を楽しむのが日本の食卓でもあるのです。

 

例えば環境の変化でストレスを感じやすく体調を崩しやすい春は、ビタミンCが豊富な春キャベツや、免疫力の向上に役立つビタミンAを豊富に含んだアスパラガスなどが旬を迎えます。

春になると自然とスーパーで安く売られているので、旬を意識せず買っている人もいるかもしれません。

 

それだけ日本人にとっては旬がとても重要な考え方になり、自然と生活の中に溶け込んでいるのです。

 

 

旬を堪能するために

旬の食材でも出始めの走りの時よりも、最盛期の盛りあたりのころに食べるのがおすすめです。

最盛期の場合は、食材の値崩れを抑えるために、少し高めに設定されていることもありますが、食材が一番おいしく食べられる時期です。

走りの時期は安価なのですがまだまだ未熟な場合が多く、食材の一番おいしい時期とはいえないのです。

旬を楽しめるのは野菜・果物・魚あたりでしょうか。

実は肉にも旬があるといわれていて、藁を餌にする秋から冬の時期が一番、脂がのっていておいしいといわれる時期でもあります。

春先から夏にかけては草を中心に食べるのでどうしてもお肉が水っぽくなってしまうのです。

肉にも旬があるとは驚きです。

まとめ

旬についての疑問にお答えました。

せっかく四季のある日本にいるのですから、旬を実際に体感してみてその違いを比較してみるのをおすすめします。

旬でここまで食材の味に違いがあるとは驚くはずですよ。

旬とはどんなものか疑問に感じていた人も、積極的に取り入れて楽しめるようにしましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です