犬と住みやすい街って?(東京23区編)

飼い犬との生活を楽しめるオススメの街

練馬区

緑被率が24%の練馬区は、23区の中でも緑が多い街です。

都心部や埼玉方面にアクセスしやすく、子育てを考える家族にも大人気。

犬のお散歩には三宝寺池がある『石神井公園』や『光が丘公園』など、

自然を楽しめるスポットがたくさん。

それから家賃が安めな物件が多いのも特徴です。

相場はペット可の物件の場合1K~1DKで7万円~と良心的な価格になっています。

都内でペットを飼うというのは敷居が高い、

と言われがちですが、練馬区は気軽に犬との生活を楽しめそうです。

世田谷区

愛犬家にとって大事なのは、動物病院が近くにあること。

世田谷区は23区内でも動物病院がたくさんあることで有名です。

最近は土日診療をしてくれる病院もあって、

平日は仕事、という飼い主さんも大助かりですね。

実際、世田谷区の飼い犬の数は三万頭以上。

犬を飼いやすい環境が整っていることが理由として考えられます。

他にも、世田谷区にはたくさんの公園があって、

散歩コースも充実しています。

オススメは、季節の移り変わりを感じられる『等々力渓谷』。

ぜひ飼い犬と一緒にお散歩に行ってみたいですね。

渋谷区

スクランブル交差点など大都市のイメージがある渋谷区ですが、

区内の『代々木上原』という街は穏やかな空気が漂う住宅街です。

近くの『代々木公園』には都内最大級のドッグランがあって、

毎日たくさんの飼い主さんが愛犬と遊びに来ています。

犬に関するイベントも定期的に開催されていて、

犬の飼育に理解のある街になっています。

目黒区

お洒落な雑貨屋さんが立ち並ぶ目黒区は、

ドッグカフェや犬の服屋さんが充実しています。

犬の同伴OKなお店も多くて、愛犬と一緒にお洒落な街にお出かけすることができます。

お店は意外とお手頃価格ですよ。

犬の飼育数が比較的多い目黒区ですが、

なかでも小型犬を飼っている人が多いようです。

女性にも飼いやすいのが小型犬なので、

お散歩してみるとそんな飼い主さんとすれ違うことが多いですよ。

まとめ

都会でペットを飼うのは大変、というイメージがありますが、

住む場所を選べば飼い犬との楽しい生活が送れそうです。

お散歩重視や、ドッグカフェ巡りを楽しみたい、

など、飼い主さんによって夢は様々。

どんな生活をしたいのかイメージが出来たら、

住みたい街を探してみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です